選手引退のお知らせ (岡本 秀雄 選手)

2018年12月22日

岡本

このたび2018シーズンをもちまして 岡本 秀雄 選手 が、現役を引退することとなりましたのでお知らせ致します。

岡本 秀雄(おかもと ひでお)

【生年月日】  1983年12月26日(34歳)
【ポジション】 FW
【出身地】   京都府
【経歴】    江の川高校(現・石見智翠館高校)→日本文理大学→
        徳島ヴォルティス・アマチュア→徳島ヴォルティス→
        カマタマーレ讃岐→レノファ山口FC→アミティエSC京都
【コメント】

松江シティに関わるスタッフ・フロント・スポンサーの皆さま、そして暖かい声援を送ってくださったファン・サポーターの皆様2年間本当にお世話になりました。

この度、現役を引退して次の人生に歩む決意を致しました。

決して華やかな選手生活ではありませんでしたが、サッカーが大好きで大好きでサッカー選手になる以外の夢を持ったことのない少年が、本当に沢山の方々との縁に恵まれここまでサッカーをすることができました。

社会人になってからの数えきれない思い出が目を閉じれば今も鮮明に浮かび上がります。

徳島のTSVでのハットトリック
讃岐の丸亀競技場1万人の前で決めたループシュート
山口の島原歓喜のゴール
アミティエでは子供の頃から憧れてた西京極でのゴール
松江で息子に見せる事ができた泥臭いゴール

全てのクラブに特別な思いが多すぎて語りきれませんが本当に幸せでした。
心から感謝しています。

そして何処に行くにも笑顔でついて来てくれ、年々衰える身体を少しでもパフォーマンスが上がるようにとサポートしてくれた妻がいなければこの歳まで走ることは絶対にできませんでした。本当にありがとうございます。

また、5つのクラブで共に闘った仲間達の存在があったから辛いことも多かった現役生活をここまで乗り切ることができました。
13年間のキャリアで3度のJFL昇格と1度のJ3昇格を経験する事ができたのも、本当に仲間達、そして支えてくださる方々に恵まれた結果だと思います。特に地域三冠を二回も経験できた選手なんてきっとほとんどいないと思います。最高の思い出です。

サッカーのお陰で沢山の素晴らしい体験をさせてもらいました。今後はサッカーへの恩返しとして一人でも多くの人にサッカーの素晴らしさを伝えることができればと思います。

最後になりますが、これまでお世話になった全てのクラブの関係者皆様、支えてくださったファン・スポンサーの方々、共に闘った仲間たち、監督スタッフの皆様
大好きなサッカーを続けられる環境を与えてくださり本当にありがとうございました。

 

Back to top